上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.11 no title
6年経って
まだすごろく1マスしか進んでない

ただ恋を見ている

どうせ全部無かったことにしてくれるなら
背中くらいさすってもらえばよかったな
スポンサーサイト
2015.08.02 no title
私はこれからも
「自分で選んだ道」に、何度も後悔して、文句ぶーたれて、生きていく所存です。

自分で選んだ道が
そんなに偉いかよ

そしたら私
人生の決断をするセンス
なさすぎるね



ファッキンサンデー
2015.03.24 no title
春は
何でもできる気がする
変われる気がする
そこらじゅうがウキウキしてる
新しい世界が待っている

冬は暗い
ひとりぼっち

そんなところに
あたたかくて
キラキラした
透明な光がさしてくる
だんだんと
だんだんと

雪が溶けたときの
アスファルトの埃の匂いほど
わくわくするものなんてあるの?

だから
春は勘違いする

本当は何にも出来ないし
変わることなんて無理
キラキラもしてない

私の世界は
ずっと私の世界だった
夏も秋も冬も


あぁ春よ
遠い春よ

悲しくないよ









iPhoneから送信
2015.03.23 no title
もう戻れない青春が
そこにはあるのでしょうか


人を羨むことだけで生きていた


それに気付いた4年間でした


変わりたいとずっと思っていて
それはむりだよと誰かは飽きれた
自分にはないものを否定していて
それは憧れだよと誰かに笑った

わたしが思ってることは
だいたい1度は世の中の人が考えたこと
そう思うとちょっと気が楽になった


堂々めぐりを1579回くらい繰り返したので
次こそ前に進みたい
誰かを、私を、認めること
目標ができた


卒業前夜
今日は遠い君のことを考えて眠ります
あなたがいた夏は
あれは夢だったのかな

あの川を渡るたびに
花火を思い浮かべるけど
あまりにも出来すぎた話しで
全く真実味がない

これもまた堂々めぐり


でもやっぱりそこに青春はあったと思います

そしてもうここにはない
もう出会うことは出来ない


青春の終わりの夜に









iPhoneから送信
2015.03.23 no title
寝たら明日になる
明日になれば
君はいなくなる
でも
寝ないと
君は帰ってこない

今日ほど時間が止まって欲しいと思った日はない


君がいない

その事実だけが
今ここに生まれようとしている


iPhoneから送信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。